保険金額で補う範囲

いざライフステージを鮮明に見据えようとしても、数秒先に何が生じるのか予測がつかないのが私達の人生です。保険見直しのタイミングに関しては的確に見極められたにせよ、次に被保険者である自身あるいはご家族のライフステージに生じる大きなターニングポイントは、必ずしも現時点で想定される限りではありません。だからと必要以上に将来を悲観的かつ慎重に捉え過ぎてしまえば、途方もなく分厚い保障すなわち高額な保険金額が必要に思われ、とても月々の保険料が負担出来ないプランをベストだと捉える結論に帰着し兼ねません

日常生活に経済面での過剰な負担が生じる契約内容は適切とは言えず、ライフステージを見据えて無理なく支払いが可能な保険金額の上限を見据える姿勢も大切です。
例えば一家の稼ぎ手であるご主人に万一があれば、その後の家族の収入我半永久的にゼロになる訳ではありません。残された奥様が働く場合、数年後にお子様が社会人となった場合、更には親族などからの援助が期待出来る場合など、幾通りものシミュレーションが必要です。

保険の見直しを通じて算出する保険金額は、あくまで一時的な急場を凌ぎ、ご家族が仕切り直した新たな生活を再スタートするに際して必要な金額です。だからこそ今度は残されたご家族各々のライフステージと、ご家族全員のそれを視野に入れての見直し作業が求められます。

≪参考サイト≫保険GATE

必要な保険金額を知る

ライフステージにマッチした保険契約を維持する上で、被保険者もしくは契約者に求められる作業として、どのような事態が生じた際にどれだけの保険金の支払いが必要となるのか、ご自身ならびにご家庭の財政状況の的確な把握が見逃せません。現在から近未来の預貯金はどう推移するのか、何らかのローンなどを抱えているのか、残額と完済までの期間はどうなのか、お子様が社会人になるまでの学費面はどうなのかなど、幾つものチェックポイントが存在します。

こうした部分に関しては、保険見直しに際して担当者からのアドバイスが仰げますが、あくまで世間一般の平均的金額に基づく助言であり、皆様並びに各ご家庭に必ずしもジャストフィットする金額とは限りません。だからこそ被保険者のライフステージをしっかりと見据え、あらかじめ自分達で弾き出した試算を準備の上、保険見直しの担当者との意見交換からプランを擦り合わせて修正する流れを実践出来ればベターです

何より私達のライフステージ自体が十人十色であり、平均的なデータを参考にしたプランがそのままフィットするとは限りません。現実と大きなズレが生じていても恥ずかしい事ではありません。自分達が本当に必要とするであろう保険金額は、最終的には自分達で算出した数値に最も信憑性が存在し、ライフステージから視線を逸らしての根拠の無い推察からの算出では意味がありません。

ライフステージとは

ライフステージを直訳すれば「人生」「舞台」であり、皆様の一生の中で必ず遭遇する、大きな節目節目を含むその時々の現在地点を指すと捉えていただければ、漠然とでもイメージを掴んでいただけるかと思います。そうした中でも保険見直しのタイミングとして、社会人としての経済的独立の時、結婚に際して、お子様が誕生した時、お子様が独立して家を離れる時などが挙げられます。

生命保険であれば被保険者に万一が生じた際、残されたご家族がその後生活を続けて行く態勢を立て直すに際して必要な金額を、医療保険であれば被保険者に万一が生じた際、時に高額となる医療費負担を補うに十分な金額を確保する、適切な契約状況でなければなりません。ですがそれぞれのタイミングで必要となる金額は、被保険者のその時々の状況や家族構成など、複数の要因によって時に大きく異なります。

必要以上の保険金額設定での契約に対し、無用な保険料を支払い続けるのは無駄ですし、反対に不十分な保障内容に対し疑いなく保険料を支払い続けている状況も問題です。現在から未来にかけてのライフステージにマッチする保障内容での保険契約を継続すべく、まずは保険の見直し作業が欠かせず、ご家族を含む現在から未来像を見据える姿勢が求められます。

効果的な保険見直しを

保険見直しを通じ、最大限のメリットを確実に契約内容に反映させるに際し、皆さんは果たして何が1番必要だとお感じでしょうか。保険に関する専門知識を俄仕込みしようと試み、ネット検索でやみくもに関連情報を収集した挙句の果て、一層訳が分からなくなってしまわれた経験をお持ちの方も、もしかすればこちらをご一読の皆様の中におられるかも知れません。あるいは保険関連の仕事に就く知人友人に相談した結果、結局相手の薦めるがままの他の保険契約に乗り換える流れとなり、結局肝心の保険見直しが手つかずのままであれば、今度こそ正しい作業が求められます。

結論から申せば、保険見直しに際して皆様が事前に準備すべきポイントは、僅か2点だけと踏まえておいていただいて大丈夫です。1つは現在契約中の全ての保険契約の証券です。こちらに明記されている保障内容等が確認出来なければ、そこから先の作業は進みません。そしてもう1つ、ご自身並びにご家族を含めて見据えておいていただきたのが、皆さんの現在から今後へと続く未来像、すなわちライフステージの変化に他なりません。私達の人生の主人公は紛れもなく自分自身であり、自身に万一が生じた際、残されたご家族あるいは入通院を通じての回復に努めるご自身には、当然相応の金銭的負担が避けられません。

ここでは皆さんの人生の節目節目が今後幾度も訪れる、各々のライフステージにマッチした保険見直しに視点を合わせ、出来るだけ噛み砕いた表現を用い、基礎知識をお伝え申し上げます。保険イコール難解なる先入観は不要ですので、ぜひ最後までご一読ください。