ライフステージとは

ライフステージを直訳すれば「人生」「舞台」であり、皆様の一生の中で必ず遭遇する、大きな節目節目を含むその時々の現在地点を指すと捉えていただければ、漠然とでもイメージを掴んでいただけるかと思います。そうした中でも保険見直しのタイミングとして、社会人としての経済的独立の時、結婚に際して、お子様が誕生した時、お子様が独立して家を離れる時などが挙げられます。

生命保険であれば被保険者に万一が生じた際、残されたご家族がその後生活を続けて行く態勢を立て直すに際して必要な金額を、医療保険であれば被保険者に万一が生じた際、時に高額となる医療費負担を補うに十分な金額を確保する、適切な契約状況でなければなりません。ですがそれぞれのタイミングで必要となる金額は、被保険者のその時々の状況や家族構成など、複数の要因によって時に大きく異なります。

必要以上の保険金額設定での契約に対し、無用な保険料を支払い続けるのは無駄ですし、反対に不十分な保障内容に対し疑いなく保険料を支払い続けている状況も問題です。現在から未来にかけてのライフステージにマッチする保障内容での保険契約を継続すべく、まずは保険の見直し作業が欠かせず、ご家族を含む現在から未来像を見据える姿勢が求められます。